2007年05月04日

主婦業は年俸1600万円に相当!

す、すごすぎる・・・! アメリカで、主婦の労働対価は年俸1600万円に相当するという試算が発表されたそうです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070504-00000058-jij-int

今年は5月13日が母の日ですね。それを前に、アメリカの人材情報会社が、こんな試算を行ったそうです。

もし、この通りなら、自分のうちの主婦業は、夫にまかせて、妻は他人の家の「主婦代行業」をしたほうがいいかもしれませんね(^^;

それはちょっと極端ですが、主婦業はもっと評価されていいってことなんでしょうね〜。

子育てから何から家庭のことは主婦任せなのに、「誰のおかげで生活できてると思ってるんだ」なんて暴言を吐く夫もいるらしいですから、ショック療法という意味では、こういう数字を出すのも意味があることかもしれませんね。


posted by satomi at 19:41| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まあそれを言っちゃおしまい、って思いますな。ダンナが暴言を吐く、暴力等というのも論外ですが主婦の働きを金に換算するといくらって言う論点が究極に貧しいような気がしますね。ダンナが子供と遊ぶと時間外手当とか(笑)セックスしていくらとか・・・・週二回で割安、マイル制にしてもいいかもな。そのくらいの論点でしかないと感じますね。バカバカしいという以外思いつかないです。
Posted by ごんぞう at 2007年05月04日 20:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40782442

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。