2007年05月08日

自衛隊でもセクハラ!

航空自衛隊の女性隊員が、セクハラの被害にあったそうです。

しかも、それだけじゃなく、上司に被害を訴えたら、とりあげてくれるどころか、退職を迫られたそうなんです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070508-00000135-jij-soci

とんでもないですよね。

日本の社会って、いまだにそういう体質なんですね。
意識改革が必要だと思います。
posted by satomi at 20:58| Comment(13) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
同感です。日本は人権面では後進国ですからね。
 でも私は、自衛官だからこそ多いと思いますよ。防衛大学ですら日常茶飯事です。
 これは本当に一部だと思いますよ。
Posted by 通りすがり at 2007年05月08日 21:34
>しかも、それだけじゃなく、上司に被害を訴えたら、とりあげてくれるどころか、退職を迫られたそうなんです。

そんなこと、ザラです。

私は、セクハラもイジメも遭遇したことありますけど…結局、被害者は「1人(少数人数)」だから、「多数派」の世界を守るために、少数派を削る方に組織は動くんです。

私は上司から、「そういう目にあう君の方に問題があるのでは」って言われました。それは学校のイジメと同じなんですよね。

それと、やっぱり男性社会なので(職場によるし、ちょっとずつ緩和されてきていますが)、『セクハラされても、大事(おおごと)にしないのが大人の女』っていう価値観が社会全体にあるんです。…「夫が浮気しても、“男の解消”と、理解し、許容するのが賢い妻」っていうのと似たような価値観なのかもしれません。

また、「イジメやセクハラにあったら労働組合に相談する」などの知識を、若い人たちがあまり知らなかったりするのも、解決に繋がらない要因です。
Posted by エクソシスト at 2007年05月08日 21:43
連投ごめんなさい。

つけくわえときますけど、
セクハラ法って、男性が被害者の場合にも適用されますから。ここに、「セクハラ防止法は、女のためだけにある」なんてトンチンカンな書き込みが入る前に書いておきますσ(^_^;)
Posted by エクソシスト at 2007年05月08日 21:44
「男の甲斐性」ですから念のため。
「男の解消」の方がリアリティーありますけど・・・・。
Posted by 通りすがり at 2007年05月08日 21:53
かの「被害者」は、実のところ「加害者」の夜勤中にその職場でお互いの同意の上で「こと」(もちろん国民の税金で働くべき時の行為は違法)に至ったのですが、その事実が発覚した際に自分だけ処分を逃れようと、数週間後にいきなり「被害」を申し出ました。背後に暴力団関係者を自称する父親がいて、「相手が国だから揺すったら何とかなる」といった目論見で「セクハラ被害者」をでっち上げたものです。
もちろんセクハラの被害に苦しむ人はたくさんいますし、私も、異性に対してセクハラをするような奴は絶対に許せませんが、この件は、「セクハラ」ではありません。事実を知る一人として、逆に訴えた側の卑しい素性にマスコミを含む皆さんがだまされているのが残念に感じてなりません。以後のご判断は、ご覧の皆様にお任せします。
Posted by 事実を知る者 at 2007年05月08日 22:07
証拠もなくそんなこと書かれたって誰も信じないでしょ。
Posted by いやいや at 2007年05月08日 22:12
まさか加害者からのみの発言で判断してないよね。
Posted by えーと at 2007年05月08日 22:20
証拠無しにいい加減なこと書くなよ。
でも・・・事実を知ってる方も事実としたらこの書き込み勇気いるかも?あんま信じられないけどね
Posted by なになに at 2007年05月08日 22:34
>「男の甲斐性」ですから念のため。
>「男の解消」の方がリアリティーありますけど・・・・。

あはは…。確かにリアリティが…σ(^_^;)誤字ごめんなさい。
Posted by エクソシスト at 2007年05月08日 23:05
よく、日本社会はセクハラ対策が遅れているといわれますが、それは外形上です。わたしは、実質的には外資の方がひどいと思います。
ただし、外資の場合、こんな見え透いたセクハラなぞしません。権力欲につけこみ、100%の合意を形成し、客観的外形的には、全くセクハラが存在しないようにされます。ただし、こうした暗黙の風土になじめば、女性でも能力次第で驚異的に出世できます。それが外資です。
(といっても、わたしが知っているのは金融系ですが、おそらく他もさほど大差ないでしょう)
外資に就職を憧れる女学生は、この辺を肝に銘じる必要があると思います。

話を脱線させました。すみません
Posted by 外資こそ at 2007年05月08日 23:34
外資においては日本のようにあからさまなセクハラ時代を経て、現代の見えにくいセクハラへと変化しています。日本は、まだそこにも至っていない途上国です。人権という観点からは主要先進国の中で最下位です。ちなみに、男の甲斐性をよしとする女は飼いならされた猫ですね。
Posted by 日本こそ at 2007年05月09日 09:56
今朝、ワイドショーでこの事件を取り上げていましたが、とても嫌な気持ちになりました。この女性も現職で国を訴えるとはとても勇気のいる行動だったと思います。頑張ってほしいです。この加害者の男性は懲戒免職はもちろん、法で裁かれるべきだと思います。最低な上司たちも。こういう事は絶対に許される事ではありません。ここまでえげつないセクハラはありませんが、私も上司にお尻を触られるなどのセクハラを受けた事はあります。当時はびっくりして何も言えなかった事が、くやしいですね(今だったら相手も怖くて手を出さないかもしれませんが...)
Posted by シシュノン at 2007年05月11日 11:02
現役女性自衛官です。セクハラも当然経験あります。このニュースを見て、今の時代だから勇気をもって提訴する事もできるようになったんだな〜と思います。本当に恐ろしくなるような事件だと思っています。しかし、冷静に考えれば、この提訴した女性自衛官は、営内宿舎(隊舎)で寝ていたのに、深夜に携帯電話で呼び出されて、ノコノコと出て行く事には問題はなかったのでしょうか? 緊急呼集がかかったなら、マイクなり、内線電話なり、決められて方法と順番(誰が誰へという)で連絡がくると思うのですが。退職を勧めた上司については、言語道断ですけど、女性自衛官の行動も軽率さがかなりあると思います。
Posted by 現役です at 2007年05月14日 18:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/41190951

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。